信用取引のリスキーなとこ!魅力なところ!

当然ながら危険が大きい

信用取引も今ではしっかりと普及、認知されているといえます。先物取引とか金相場など色々とありますが、今現在はFXが最も流行しているといえます。具体的にいいますとこれは外国為替証拠金取引であり、要するに通貨の取引によって、儲けようとするわけです。通貨など儲かるのか、といいますと確かに極端に変動をすることは稀です。しかし、だからこそ、投ずる金額が大きくなればそれだけリスキーになりますが利益も大きくなるわけです。

それがレバレッジです

FX最大の魅力はレバレッジになります。要するにこれが信用取引の肝になります。つまりは自己資金の何倍も取引をすることができるわけです。具体的にどこまで出来るのか、といいますと実は昔は無尽蔵に近かったです。正確にいいますと規制がなかったわけです。しかし、今では国内業者は25倍までとなっています。つまりは、1000万円の証拠金で2億5000万円の取引ができるようになるわけです。利益が出れば通常の25倍になります。

魅力もあるがリスクも大きい

それほど儲かるならば何故やらないのか、ということがあります。しかし、これは儲けたときしか見ていないことになります。つまりは、レバレッジを25倍にしていますと損失を出した時にも25倍になるわけです。これが魅力でもあり、リスキーでもある理由になります。しかし、だからこそ、信用取引というのは魅惑的な取引と言われているわけです。一気に儲ける方法としては一般人には最高の方法ではあります。自己責任で挑戦してみることです。

信用取引を利用することで現金や株式を担保とし、担保の約3倍の金額の株式取引ができるようになります。この取引では資金を借りて株を買う「信用買い」と株を前借りして売る「空売り」という手法があります。